読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"家に帰るまでが遠足"


家に帰るまでが遠足 - YouTube

 

家を目前に事件発生で、痛恨の逆転負けをしてしまいました。「相手が投了するまでが将棋」ですね。次に活かしたいと思います。

"角の妙技"


角の妙技 - YouTube

 

今回は完全な斬られ役です。

相手の方の見事な捌きに翻弄されてしまいました。随所に参考になる手筋がちりばめられています。

"猛牛ジャイアンVSひらりマント"


猛牛ジャイアンVSひらりマント - YouTube

 

無理攻めのいなしかたの例えを面白くして、楽しみながら撮影できました。

 

将棋と私①「出会い」

「将棋ってどうやるの?」

その何気ない一言が、長い旅路の幕開けになるとは当時は知る由もなかった。

 

小学校6年生の冬休み。お正月に私は親戚の家に行った。

確か昼食後の事だったと思う。

皆でお茶を飲みながら、歓談していた時にひょんなことから将棋の話題になった。

私は、将棋というゲームがあることだけは知っていたが、どうやるか皆目見当がつかなかった。そんな事を考えながら、ぼんやり話を聴いていると、

山形県天童市で毎年春に、人間将棋っていうのをやってるんだよ」伯父が情景を思出したのだろう、笑顔で楽しそうに話し始めた。

なんでも、将棋の駒に人間が扮して山頂で対局が行われるらしい。人間が駒になる!?そもそも山頂で将棋するってなんだそりゃ。全くもって意味不明である。子供心にいくつものはてなが浮かんで不思議で仕方なかった。

「桜が満開だと、とてもきれいなんだよ。でもだいたいいつも葉桜なんだよなぁ」伯父の話につられてみんなそうそう、と相槌を打っている。その時だった。自分でも思いがけない事が口を衝いて出た。

「将棋ってどうやるの?」

私は将棋とは正反対の世界、スポーツに夢中だった。だが、知りたくなったのだ。その未知の「将棋」という世界を。

すると、どこからともなく将棋盤と駒が現れた。あーそういえば、将棋ってこんな感じだったな。伯父と私より年下の従兄弟が駒の動かし方とルールを教えてくれた。さっそく従兄弟と対局することになった。

「一体どうすればいいんだろう・・・」

私は暗闇の中をさまよっているような感覚に襲われた。どの駒を動かせばよいのか、さっぱり分からなかったのだ。

「王手!」

従兄弟の嬉しそうな声とともに、私の王将は詰まされた。

どうやら負けたようだ。

何か釈然としないものが心に残った。しかし、浮かんできたき感情は驚くべきことに「楽しい」だった。

そして、これを境に私は一気に将棋の世界にのめりこむ事になる。続く

 

 

 

 

YouTube編集後記

 

今回動画のアップにあたって、友人と天下一のラスボスことくぼ2かんさんよりいろいろアドバイスをいただきました。本当にありがたかったです。

特に、画質や音質は何度も試行錯誤をこらしました。また、対象の棋力をどの辺にするかも悩みましたが、中級~初段くらいの方と考えて、自分の言葉で語りました。撮り終えては、もっといいものができるんじゃないかの繰り返しでしたが、その過程も楽しかったです。

 

ブログを始める以上に、自分が動画を投稿するとは夢にも思わなかったです。不定期になると思いますが、これからも自分の実戦を題材に投稿していきたいと思います。

 

 

"加藤流棒銀VS振り飛車のスペシャリスト"


加藤流棒銀VS振り飛車のスペシャリスト - YouTube

 

YouTube動画の第2弾です。思わずtake3と言ってしまいました笑

ぜひ、お楽しみください。

大会エッセイ③ YouTube動画編

試行錯誤して、動画にしてみました。

https://twitter.com/coolriver24/status/848049580038004737