将棋関連

ツノ銀雁木VS最速の布陣

初手からの指し手 ※実際は私が後手番で雁木側です。 ▲26歩△34歩▲25歩△33角▲48銀△32銀▲48銀△44歩▲58金右△43銀▲68玉△32金▲78銀△41玉▲79玉△62銀▲36歩△64歩▲57銀△63銀▲35歩△同歩▲46銀 今、雁木が熱い。プロの先生の将棋でもしばしば見受けられるようになった。今…

雁木戦法の復権⑥~実戦編~

再掲。図は△65歩まで 以下の手順 ▲同桂△78金▲同銀△55金▲34歩△同銀▲34飛車△同飛車▲55角△33歩 ここまで終始一貫強気の連続だった私。しかし、△65歩に対して弱気の虫が囁いた。直観は▲33角成だったが、安全に勝ちたくなり▲同桂を選択。これが判断ミスで、技巧も…

雁木戦法の復権⑤~実戦編~

再掲。図は△65飛車まで 以下の手順 ▲77角△44歩▲同角△33銀▲66角△85飛車▲77桂△87金▲79玉△25飛車▲28歩△55銀▲同角△同飛車▲66角△54飛車▲35歩△65歩 次の1手はずばり▲77角。この斜めのラインが非常に受けずらい。技巧もこの手を推奨で+500点。私も手応えを感じてい…

雁木戦法の復権③~実戦編~

再掲。図は▲25歩まで 以下の手順 △65歩▲同歩△同桂▲22角成△同玉▲66歩 将棋クエストのヒント機能を頼りに振り返ってみよう。このヒントは思考エンジンに技巧を搭載とのこと。無料でこのクオリティーは本当に素晴らしい。 ちなみに△65歩と突いた局面は後手が+2…

雁木戦法の復権②~実戦編~

一昨日から、将棋クエストで雁木を連続で採用している。雁木といっても通常の、57と67に銀を配置する形ではなく、47と67に配置するpona流だ。新鮮で実に楽しい。 15年前は、雁木を使うと皆一様に対策は矢倉だった。引き角にして、雁木の角頭を狙うのがセオリ…

雁木戦法の復権

雁木戦法。将棋の戦法の中でもマイナーであった、以前は。 しかし、その雁木がにわかに脚光を浴びつつある。 最近読んだsuimon氏と雨夜龍馬氏の雁木に関するブログ記事はとても良かった。それを読んでいてまた雁木を指してみようか、そんな気持ちが芽生えて…

目を見張る一着 その②

次の一手は25桂!です。25歩に悪手の烙印を押しにいった手で、本局の命運を託しました。仮に25歩に変えて他の手ならば、こちらも銀冠に組んで穏やかな展開になるところでした。相手の方も、心中穏やかではなかったはずです。以下、同桂に26歩。このまま桂馬…

目を見張る一着 その①

私の実戦より。先手の私が角交換四間飛車を採用。それに対して相手の方は銀冠の堅陣。 局面は、今後手が25歩と突いた所。 私は、思わず身を乗り出しました。頭に血がのぼり、顔面が紅潮していきます。なぜなら、この手は相当に欲張った一着だからです。短時…

ワタル角

私の実戦より。今、相手の方が77桂馬と跳ねた所にノータイムで54角と打った局面。天下一ファンにはお馴染みの「ワタル角」 天下一将棋会屈指のイケメンにして、超強豪のワタルさん。角交換型の将棋に滅法強く、56または54に角を打って攻め倒す事が多いので自…

将棋の考え方と魚鱗さん

以前は、将棋は終盤力、どんなに悪い将棋でも必ず1回はチャンスは来ると思っていました。 ところがこの考え方を根底から覆されたのが、魚鱗(ぎょりん)さんの存在です。 魚鱗さんは天下一プレーヤーなら誰もが知っているスーパースターであり、カリスマです。…

愛用の盤と駒

盤は2寸の榧卓上盤です。駒は月山作の彫り埋め駒、淇洲書の双玉を使っています。 数年前に購入してから、一緒に歩んできました。毎日、盤と駒に触れる事で心が落ち着く感じがします。木は自然界の一部で、それに触れることによって心と身体が元気になるのか…

将棋の魅力③棋風(きふう)

棋風とは、その人が表現する将棋の型や考え方、好みをあらわします。将棋には大きく分けて「居飛車(飛車を初期配置のまま戦う型)」と「振り飛車(飛車を左辺に移動して戦う型)」があります。 普段、穏やかな性格の方が将棋では別人のように攻撃的スタイル、と…

将棋の魅力②感想戦(かんそうせん)

将棋は最終的に勝者と敗者に分かれます。負けた時の悔しさは、筆舌に尽くしがたいものがあります。しかし、負けた時こそチャンスがあると私は思うのです。それはなぜか?その秘密は感想戦にあります。 対局が終わると、二人で検討するのが感想戦です。大会に…

将棋の魅力①「敬意と感謝」

将棋は、お互い20枚の駒で開始して、先に王将を詰ます(王将を追い詰めて動けなくすることです)と勝ちになるゲームです。そして、「自分」と「相手」と盤駒、駒台があってはじめて成りたちます。どんなに強い人でも、一人では「対局」できません。自分を認め…

将棋

皆さんは、「将棋」と聞いてまず何を思い浮かべますか?それこそ千差万別、様々な答えがあると思います。 ちなみに私の答えは「宝物」です。 将棋を始めてから悲喜こもごも、様々な事がありました。どの経験も私にとって、とても大切な宝物です。 そこで、数…