読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長編エッセイ

将棋と私①「出会い」

「将棋ってどうやるの?」 その何気ない一言が、長い旅路の幕開けになるとは当時は知る由もなかった。 小学校6年生の冬休み。お正月に私は親戚の家に行った。 確か昼食後の事だったと思う。 皆でお茶を飲みながら、歓談していた時にひょんなことから将棋の…