将棋の考え方と魚鱗さん

以前は、将棋は終盤力、どんなに悪い将棋でも必ず1回はチャンスは来ると思っていました。

 

ところがこの考え方を根底から覆されたのが、魚鱗(ぎょりん)さんの存在です。

魚鱗さんは天下一プレーヤーなら誰もが知っているスーパースターであり、カリスマです。初めて対戦した時の衝撃は今も忘れられません。私の攻めが全く通じなかったのです。その鉄壁の絶対防御は今まで体感したことのない強烈なものでした。

その後、何度も対戦したのですが中盤で大差になりすぎて「終盤が訪れない」のです。普通に考えれば、同じ戦力で開始するので終盤は競り合いになるはずです。ところが、魚鱗さんの場合、わずかなリード→優勢→勝勢という差の拡げ方が抜群なのです。魚鱗さんの考え方は私とは正反対で「悪くなる前に考える、急所で時間を使うのが大切」と常々おっしゃっていました。

 

魚鱗さんの語録は、天下一のタイピング名人こと、みかんさんがニコニコ大百科に分かりやすくまとめてくれています。

 

 また魚鱗さんと対局できる日が、今からとても楽しみです。