読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋の魅力再考

大きな大会が終わって一段落。ブログ再開。

 

以前に書いた将棋の魅力について。自分で再度読んでみたが、どうも今一つである。さっぱり「響かない」のだ。言葉がきれいすぎて、偽善的な臭いがプンプンしているではないか。魂が浄化されるって言われてもなぁ…そうだ。私の覚えたての頃からの経験を書いてみようか。ふと、そう感じたのだ。

失敗だらけだがそちらの方がよっぽど面白そうだし、「響きそう」である。

 

というわけで、大会エッセイ③を書き終えたら覚えたての頃から振り返ってみます。

大会エッセイ③はいっそのこと、YouTubeで動画にしてみるのもありかなと。

これからは少しずつ「自分」を出していきます。