「真冬の汗」

その年は例年にない大雪だった。

毎朝、帰宅後は雪はきに追われる日々が続いた。

ある朝、わずかに出発時間が遅れた。案の定、渋滞に巻き込まれた。

焦りながら駐車場に停車すると、空回りする音が聞こえた。

「まずい」

始業時間が迫っている。

ひとまず車をそのままに、会社へ駆け出した。

 

昼休み。

多くの従業員でにぎわう食堂。私は食事をしながらも車の事が気になっていた。

「駐車場で車が雪にはまっちゃってさ」

思わず私は同僚のAさんに切り出していた。

Aさんは私より年下だが、会社では先輩だった。

元気で明るい誰からも好かれる好青年だ。

「え?それって大丈夫なんですか?」

彼の表情が途端に曇った。

「うん、たぶん大丈夫。なんとかなるよ」

そう言いつつも、車が抜け出せない不安で一杯だった。

そんな心の声が彼に届いたのだろうか。次の一言は予期せぬものだった。

「もしだめだったらいつでも連絡ください」

外は相変わらず雪が降り続いていたが、私の心には太陽が差し込んだようだった。

 

夕方、仕事を終えて車にたどり着いて愕然とした。

日中降り続いた雪で、脱出はさらに困難な状況となっていたのだ。

とっくに日は暮れて、辺り一面暗闇に包まれている。しかも車にスコップは積んでいなかった。

私の心は、心細さと不安で押しつぶされそうだった。

次の瞬間、急に辺りが明るくなった。まぶしい、と感じながら目をこらして私は見た。

もしかしてと思うより先に明るい声が響いた。

「大丈夫ですか」

そこには笑顔のAさんが立っていた。

 

会社から借りてきたというスコップで、我々はひたすら、雪を掘り続けた。その間も、

絶え間なく降り続ける雪。これじゃ全然らちがあかない。そう思いながら、ふとAさんを見て私は度肝を抜かれた。頭から湯気が出ていたのだ。

それどころか、全身から発汗している。額には大粒の汗が浮かんでいた。

自分の事じゃないのにどうしてそこまでできるんだ、彼は。

黙々とスコップで掘り続ける彼を見て、急に恥ずかしくなってきた。

ありがとう、と心の中で感謝を述べて私も没頭した。

 

どれくらい時間が経っただろうか。ついに地面が見えてきた。

「これならいけますね。動かしてみましょう」

一瞬空回りの音が響いたが、次の瞬間、見事に車は脱出した。

笑顔でガッツポーズする彼を見て、胸が熱くなった。

「また何かあったらいつでも呼んでください」

笑顔でそう言い残して去った彼の車を、私は見えなくなるまでずっと立ち尽くして見続けていた。