ツノ銀雁木VS最速の布陣②


f:id:tenkaichibigbo:20170624080250j:image

再掲。図は▲46銀まで

※実戦は私が後手番です。

以下の手順

△36歩▲38飛車△74歩▲36飛車△51角▲35銀△73角▲37桂馬△52金▲76歩△65歩▲44銀△同銀▲同角△33歩▲88角△43金右▲46歩△54銀▲45歩△27銀▲35飛車△46角

↓試合終了の合図は△46角まで
f:id:tenkaichibigbo:20170625142644j:image

▲46銀と素早く銀を繰り出されて、私は早くも作戦負けを自認した。そして△36歩と手筋とばかりに突いた手が傷口を広げた悪手。ここでは、直観に従い△34銀が良かった。以下▲38飛車には△43金と力強く上がるのが均衡を保つ一着。これはヒントの技巧推奨の手で角頭をケアすれば互角だったようだ。しかし、残念ながら金上がりが見えなかったので断念。

 

本譜は▲35銀まで進んでみると、こちらの苦戦が明白となった。この時点で既に-500。手数にしてわずか30手の出来事だ。

△73角と斜めのラインで牽制するも、▲37桂馬と味よく活用。暗澹(あんたん)たる気持ちで遅ればせながらの△52金。とりあえずツノ銀雁木完成である。

しかし、ここで待望の▲76歩。角をこのタイミングで活用されてこちらはお手上げである。さらに差が開いて-830。ほとんど駒がぶつかっていないにも関わらず、だ。相手の方の駒組と構想が素晴らしすぎた。

73角「おーい、飛車。俺達のお荷物感、半端なくねw?」

82飛車「え?ぼ、僕は横に効いてるから働いてると思うけど…」

73角「ちょっ、お前裏切るのかよwおーい大将!俺を使えって!ここは△45歩の一手だろ!!」

ん?何か聞こえたような?とりあえず△45歩と突く。ダブルエースが眠ったままでは戦えない。

73角「分かってるじゃねーか大将!」

しかし、これで局面が好転したわけではない。本譜は▲44銀の切り込みだったが、▲34歩とじっと押さえるのが急所中の急所で優った。

↓手も足も出ね図は▲34歩まで
f:id:tenkaichibigbo:20170625155200j:image

 

だが、本譜も苦しい。△33歩に対して▲88角だったが、▲45桂馬と決めにこられたら-1000とさらに差が開いていたようだ。

本譜▲46歩からの手順は筋が良すぎたかもしれない。ここはガツンと▲44銀がリードを保つ一着でそれなら苦しい時間が続いた。

▲45歩はウッカリと思われる。上手の手から水が漏れるとはこのことか…△27銀が起死回生の一着。なんと王手飛車がかかってしまった。将棋は恐ろしい。たった一手のミスで一気に形勢が逆転した。△46角で逆にこちらが+1000。一体どこが悪かったんだろう?一人で脳内将棋盤で感想戦を始めたのだが…

続く