子供将棋教室指導とスタバ研究会

仕事が終わってから、子供将棋教室へ。お、いるいる。いつものメンバーだ。その中にあべしん君も発見。またスタバ研やろうよ、と半ば強引に召喚。快諾してくれる心意気が素晴らしい。

今日は平手で2局。私のスタイルは感想戦重視。

で、なおかつ子供に質問してしゃべってもらう形を取っている。

「ここはこうした方が良かったね」ではなく、「ここはどうすれば良かったと思う?

そう質問して、できる限り答えを待つ。言葉にするのが苦手な子もいるので、間違ってもOK、大丈夫という事も伝えるようにしている。そして、何か褒める。子供は皆、才能の塊だ。それをいかに引き出すか。そして、将棋そのものを楽しんで味わってほしい。

いつもそんな事を考えながら共に学んでいる。

終わってから何人かと談笑。直接盤を挟む時間がなくても、こういう時間も大切だと思う。さらに親御さん達とも談笑。仕事以外にこのような「場」があることは幸せだ。

 

そこから、中華料理を食べて将棋のまちのスターバックスコーヒーへ。

外の席はどうやら今日も空いているようだ。

さっそく駒を並べる。


f:id:tenkaichibigbo:20170719231759j:image

 前回に引き続き、絶品のクールライムを注文。美味い。爽やかそのものだ。横であべしん君も喜んで飲んでいる。

その時だった。

「すいません」

女性の美人店員さんだった。瞬間、怒られる!と思った。どうやらあべしん君も同じ気持ちだったようだ。身をこわばらせている。

しかし、その美人店員さんは怒るどころか、将棋をする事を快諾してくださったのだ。

有難い、感謝。素直にその感情が湧いてきた。「絶対怒られると思ったわ~」

安堵する我々。それから数分後。

「すいません」

ん?この声は…

先程の美人店員さんが再登場。なぜ???

「私、店長の○○と申します」

深々と礼をされて名刺を渡される。

どうやらスタバで将棋をしている人を初めて見たらしい。そして、それがとても嬉しかったの事。あまりの出来事に私は呆気に取られている。その間、あべしん君がブログのいきさつや将棋への想いをしっかり話してくれた。持つべきものは頼もしい後輩だ。

「なんかえらい事になってきましたね」

「本当にそれな。やばくね( ̄▽ ̄;)?」

そもそもの流れは、あべしん君竜王獲得→全国慰労会→スタバで将棋→あべしん君のブログをNHKさんが読む→再びスタバで将棋→店長さんから名刺を渡される←NEW!イマココ

 

これからますます楽しくなりそうな予感。

笑いと楽しさは波及する。

本当に楽しみ。

というわけで、あべしん君。

今日の詳細と続きは任せた笑

http://abcnshogiblog.com/

スターバックス天童店様、本当にありがとうございましたm(__)m