全国大会悲喜こもごも

あべしん君に、「最近忙しくて仕事その他で手一杯」とこぼした所、「現場に行けなくても、ブログで発信するだけでも十分普及とか、意味があると思います」との金言が。流石である。

中学選抜と高校選手権。どちらも非常に思い入れの強い大会だ。

仕事をしながら、県勢の奮闘がとても気になっていた。昔を思い出したので一言。

悲喜こもごもいろいろあったと思われる。

しかし、負けたとしてもこの経験は非常に大きい。負けた原因を自分で分析することで、必ずさらに強くなる。

私の場合はノートにその時の感情等、自分の言葉で整理した。そうすることで、必ず次に繋がると信じていた。

選手の皆様、本当にお疲れ様でした。

でも…やっぱりもっと勝たせてあげたかった…