回り道~3度の飯より将棋が好き♪~

将棋のエッセイや戦術、私の日常について綴っています。

竜王戦県大会

 大会開始15分前。県連のI氏からの着信に慌てる。1番近くにいたはずなのに、なぜか最後に登場。前泊していた事を告げると一同唖然。寝坊しないためと苦しい言い訳で切り抜ける。O君に「たけださんていつも同じ服ですねー」と、さらっと毒をはかれる。「験かついでんだよ( ̄▽ ̄;)」といなしたものの…本当はあんまり服もってません笑

それにしても名旅館「滝の湯ホテル」の夕飯は絶品だった。一部を紹介。


f:id:tenkaichibigbo:20180520190125j:image

すき焼きに…


f:id:tenkaichibigbo:20180520190148j:image

お刺身に…
f:id:tenkaichibigbo:20180520190224j:image

混ぜご飯とお吸い物に…
f:id:tenkaichibigbo:20180520190237j:image

デザートはフルーツ!

この他にも芋煮と、玉こんにゃく等をモグモグ。満腹、満腹ε- (´ー`*)

満腹になった所で温泉へ。アトピーがある私だが、滝の湯の温泉は肌に優しいようだ。

風呂上がり、大盤で研究。


f:id:tenkaichibigbo:20180520190742j:image

通行人の子供が、「あ!将棋やってる!」と

物珍しげに見ていく。

部屋に戻ってから再び明日出現しそうな形を研究。


f:id:tenkaichibigbo:20180520190943j:image

うーん、わからん( ̄▽ ̄;)

互角、互角!と勝手に結論を出して、あっさり盤と駒を片付けてしたことは…お茶を飲んで一服笑

完全にまったりモードで将棋を考える気が起きない。

「なるようにしかなんねーわ。まげっどぎはまげるんだ(負ける時は負けるんだ)」

全く我ながら呆れる。お前には闘志というものがないのか…

結局、将棋よりお茶を飲んでる時間の方がはるかに長かった笑 0時就寝。一瞬で眠りに落ちた。

翌朝6時起床。朝食は7時からなので、詰め将棋と将棋クエストを1局。5手詰めが見えずに敗戦。「良いクスリになった。まー本番は大丈夫だべー」

頭のネジがどこか外れているようだ。

 

7時。普段朝食は食べないのだが、バイキング形式のご飯をここぞとばかりにたらふく堪能。

またしてもお茶を飲みながらまったり。完全に一旅行者である。

そして気づけばあっという間に時間が過ぎて…冒頭のシーンにつながったというわけだ。

いよいよ抽選。一発トーナメントなので、誰と当たっても一緒だと思っていた。相手は若手強豪のS氏に決まった。成長著しい売り出し中のイケメンである。

ルックスで完敗しているので、せめて将棋は勝てたらなぁと呑気な事が頭をもたげてくる。さらに、読売新聞の女性支局長が素敵な方で見とれながら挨拶に聞き入る。だめだこりゃ。

開会式が終わり、トイレへ。席に戻ろうとした時に声がかかった。

「たけだ君」Y氏だった。

「今日の対局で何が大事か分かってるか?」

ん?対局前に何言ってんだ、このおっさんは。自分もおっさんな事は完全に棚上げでる。

そこでピンときた。あれか!

「あせんなよ、でしょ?」

ニヤリとしながらY氏に返答。

「正解!トランキーロ!あせんなよ」

そう言い終えると豪快に高笑い。

しかし、実際の対局は序盤から劣勢で焦りまくる羽目に。


f:id:tenkaichibigbo:20180520193138j:image

図は、粘りに粘ってようやくよりが戻りかけた所。▲54香車に△51歩と受けられてさてどうするか。直感は53桂不成だったが、かわされた時が分からず断念。よって本譜は桂馬成でいったのだが、これが不細工な攻め。駒が渋滞している。ここから、不可解な手を連発し、最後は大差負け。S氏の勝ち方は対穴熊におけるお手本のような丁寧な指し回しだった。感想戦は口頭でさらさらと。

驚いた事に負けても「悔しい」という感情が湧いて来なかった。さすがにこれは重症だと思った。病気になってからいよいよおかしくなってしまったらしい。

昼食を食べてあっさり帰宅。

帰り間際に鶴岡のS氏から「帰るの?またパンケーキの写真載せてよ、パァンケーキの」と妙な?励ましを受ける笑

その後は大好きな陸上をテレビで観戦。

 「今日は…負けるべくして負けたな…」

遅まきながら、なんとも言えない複雑な感情が込み上げてきた。

「どれ、将棋すっか…」重い腰を上げて、私は再び将棋盤に向かった。

 

応援してくださった方々、本当にありがとうございましたm(__)m