回り道~3度の飯より将棋が好き♪~

将棋のエッセイや戦術、私の日常について綴っています。

ノーマル四間飛車VS銀冠穴熊②


f:id:tenkaichibigbo:20180614205408j:image

じっと△73桂馬と力をためられて、どうにも模様が芳しくない事に気づいた。プラスになりそうな手が1つも見当たらないではないか。うーん…画面を凝視して思わず長考に沈む。さて、どうしたものか。こちらは現在の布陣が最善形なのでどれも動かしたくないのが正直な所。だが、現実に手番を握っているのは私だ。悩みに悩んだ挙げ句に選んだのは▲18玉。端攻めを放棄する代償に、戦場から玉を遠ざけた。ただし、善悪は微妙。苦渋の決断だったと言える。

それに対して猛者は△44歩。


f:id:tenkaichibigbo:20180614211343j:image

これを仮に▲同歩と取ったと仮定しよう。

以下△同角に▲45歩△33角と進んだとする。


f:id:tenkaichibigbo:20180614211537j:image

何気ない手順かもしれないが、この局面は振り飛車大損である。なぜか?理由はいくつかある。

1つは猛者側の歩が4筋に自由に使えるようになったことだ。具体的には後の46歩の叩きが急所。43歩のままだったら、当然ながら44にしか歩は進めないが、持ち駒になった事で46の地点に使う事が可能となった。これは、43の歩が46の地点までワープした計算になる。しかもそのタイミングは、対局者が自由に選べる。まるで、手品のようだ。46に金を誘えば、57の空間に角を打つ筋が生じそうだ。

さらに歩を持ち駒にしたことで、攻めのバリエーションが広がった。7、8筋方面で角頭を攻めるのに役立ちそうである。

そして、持ち歩の数がこちらは0で猛者は1枚。この差は見た目以上に大きい。

細かい所だが、この辺の感覚がつかめれば一気に将棋が面白くなると思う。

よって私は△44歩を取らずに▲75歩と反撃。

それに対して△86歩と突いてきたのが下図だ。


f:id:tenkaichibigbo:20180614212621j:image

歩がぶつかりすぎてわけわからんσ( ̄∇ ̄;)

だが、この展開は穴熊側が望むところ。

なぜなら、戦いが激しくなれば玉の堅さがもろに響いてくるからだ。

穴熊戦では端攻めが心の拠り所なのだが、今回はその切り札も使えない。銀冠穴熊は上部に厚い上に、横からの攻めにも隙がない。

ここからの数手が勝敗に直結する重要な場面だ。私は気合いを入れ直して、迎え撃つ覚悟を決めた。

続く