回り道~3度の飯より将棋が好き♪~

将棋のエッセイや戦術、私の日常について綴っています。

指し初め!щ(゜▽゜щ)

毎年恒例の新春大会。

S氏→おとそ→私と連絡が来たので3人で参加することに。

この大会は温泉が会場で、参加費が1500円ポッキリなのだが、昼食(カレー)と入浴券とタオルまでついてくる神大会なのだ。

実はこの大会、苦い思い出がある。

確か4、5年前の初戦だった。

某強豪相手に苦しい将棋を耐えに耐えて、終盤ついにチャンス到来。

逆転だぜー!щ(゜▽゜щ)←もはや誰も顔文字には突っ込まない笑と心の中で叫んで79に歩を打ったら、すかさず某強豪が冷静に一言。

「2歩だよ」

な、なにー!Σ( ̄□ ̄;)

全く気づきませんでした、ドンマイ、ドンマイ(ヾ(´・ω・`)

試合で2歩をやったのがこの時が2回目。

これを引きずって惨敗したのはいい思い出だ笑

 

さて今大会はルールは25分切れ負けで、スイス式トーナメント5回戦。若手から強豪まで40人弱が集結した。今日のテーマは勝ち越しと、全部違う戦型で戦う事と、久しぶりに相振り飛車を試す事に設定。

初戦はT氏と。

駒音高く△64飛車。いきなり両取りをうかーり。ドンマイ(ヾ(´・ω・`)


f:id:tenkaichibigbo:20190103183209j:image

ただ、これには▲65桂!という切り返しがあり優勢だった模様。まあ仕方ねーやと、▲73銀不成からお互い我が道を行く。

しばらく進んだのが下図。


f:id:tenkaichibigbo:20190103183639j:image

切れてると思うんだが…ここで長考。直観は▲66角。読みを入れて検討したのは▲37銀。

よくわからんσ( ̄∇ ̄;)

結局直観を信じたが、正解は▲37銀でこれなら優勢だった。


f:id:tenkaichibigbo:20190103183958j:image

この局面が切れてると判断して▲66角を選んだのだが、△36桂が素朴な好手。打たれてみて逃げ場所が難しいことに愕然。▲58玉にビシッと△39角!

大ピンチに陥った。

諦めずに追いかけて、今▲81飛車と下ろした所。

f:id:tenkaichibigbo:20190103184712j:image

ここで△51金寄りが痛恨。△51金引きならこちらが敗勢だった。

残り2分。確信はなかったが、▲24桂と捨て駒。長考に沈んだT氏から表情が消えた。なんとこれで後手玉がぴったり詰んでいる。

戻って△39角には▲57角で粘るしかなかったようだ。辛勝スタート。

 

2局目は女性の方と。

先手中飛車に一直線穴熊で対抗したら、一直線で不利にσ( ̄∇ ̄;)笑


f:id:tenkaichibigbo:20190103185724j:image

ここでじっと▲56銀なら困っていたと思う。

45の位がでかすぎる上に▲81飛車成を作りながら、さらに後の55に馬を引く手を消している。一石二鳥だ。こちらは44から桂か香を放り込まれて落城する未来しか見えない。

△99馬か△92角で対抗するつもりだったが、

全く自信はなかった。

本譜は▲44歩△同金▲57金だったので、△45桂でいきなり良しに。

それにしても強かった。またしても辛勝。

盤面に集中したのが幸いしたようだ笑

 

ここで昼食休憩。

カレーを満喫して、いよいよ3回戦。

強敵のS氏を迎えた。

残念ながら左玉に完敗。

石田流が不発で、1度もこちらに形勢の針が触れることはなかった。

久しぶりの大会参加にも関わらず、豪腕健在。本当に強かった。

あまりにもぼろ負けなので図面割愛笑

4回戦はA氏の中飛車からの攻めを丁寧に受け、快勝。最終局に入賞の望みを繋いだ。

 

最終局はY氏と。

私の先手ノーマル三間VS棒銀

早仕掛けを見せられて、1度88に飛車を回った経緯があり先後が入れ替わっている。

昔懐かしの形で櫛田流で対抗。


f:id:tenkaichibigbo:20190103193846j:image

ここから捌いて、▲58飛車に△55歩と押さえた所。


f:id:tenkaichibigbo:20190103193945j:image

ここで、▲88飛車は意味不明。なんぼなんでも▲86歩からは間に合うわけねーべさ。

△13角に大長考。遅まきながら▲75金とぶつけたが、攻めをいなされて切れ筋に。結局55まで玉を追い回したが、掴まらずに負け。

「俺、こういうの得意なんだよ!щ(゜▽゜щ)」とY氏の自画自賛を聞かされる羽目に。

新年早々おじさんにお年玉を献上してしまった笑

 

優勝はS氏、準優勝はY氏。

ん、2人に踏み台にされたのは気のせいか笑?

他の上位は天童の子供教室のメンバーが席巻。B級でもH君が見事優勝、T君も入賞。やはり活躍は嬉しいものだ。

 

しかし将棋をしていると、時間の経つのが早いのなんの。

幸せなことですねぇ。