回り道~3度の飯より将棋が好き♪~

将棋のエッセイや戦術、私の日常について綴っています。

天童支部新年会

今日は天童支部の新年会に参加。 酒が飲めないので、いつものウーロン茶定跡。先輩方の話に耳を傾ける。貴重なアドバイスをいただき、大変ありがたかった。 今日は午前中から支部内の大会も行われ、 若手からベテランまで熱戦が繰り広げられたようだった。 …

23年

23年。あれから23年経った今も、テレビで見た光景が目に焼きついている。 谷川先生が震災から3日後の順位戦に臨まれた事は、だいぶ後になってから知った。神戸から大阪まで車で10時間以上かかったそうだ。 「将棋を指せるのが嬉しい。この一言に尽きた」 将…

「君の名は。」

昨日は友人の飴と鞭と会食。 最近は食事の備忘録ブログで将棋はいずこへ? しかし、イモ天の混み具合といったら…凄まじくて閉口。人混みは苦手なのです( ̄▽ ̄;) それから街をふらふら。 ゆったりと流れる時間が実に心地よい。 夕飯は中華を。 滅多に3人で会…

2018年始動

明けましておめでとうございます。 今年は飛躍の1年にします! と、言ってるそばからおみくじは中吉でした( ̄▽ ̄;) 気を取り直して、藤井猛先生の新刊「四間飛車上達法」の熟読からスタート。親切にして明快、面白さ最高潮。 藤井猛先生の珠玉の言葉に触れ…

森下卓先生の言葉

今年の9月。全国アマ女流名人戦会場にて。 「これはこれは、たけださん!ご無沙汰しております」 深々とお辞儀をするのが森下流。 2年ぶりの森下卓先生との再会を心待ちにしていたのだ。森下先生との出会いは私が中学3年生の時。 著作を読んで手紙を書いた事…

年末

気づいたら大晦日。間もなく年明けを迎えようとしている。あっという間の1年だったなぁ…一昨日は、久しぶりにかつての将棋仲間とその奥様と再会。いまだに新婚かのような、本当に仲睦まじい夫婦なのだ。彼は中学時代から活躍していて、大学時代は全国学生名…

改革元年「訪問型将棋講座」始動

※4月は本業繁忙の為、一時休止とさせていただきます。申し訳ありません。皆さん、こんばんは。 今日はいつもと趣旨を変えて、お話させていただきます。 改めまして、私は武田(たけだ)と申します。 将棋の街「天童」を拠点に将棋のトーナメントアマとして、ま…

新構想前夜

今日の午前中はあべしん君と会談。 明らかに食べ過ぎです( ̄▽ ̄;) いろいろな話が出たが、2人でため息をついたシーンもたくさんあった…orz だが、嬉しい出来事も。 「結婚祝いのお礼です」 何やら紙袋を取り出したあべしん君。すると… なんと、対局時計((((…

冬の奇跡

あっという間に今年も残り半月。 慌ただしい毎日を過ごしている。 山形では雪が降り積もり、冬将軍到来。 昨日はつかの間の快晴で絶景と出会えた。 なんという美しさ…感性が震える瞬間。 人間は自然と共に在ることを実感。今日は大好きな街、仙台へ。 一隆本…

あべしん道場

あべしん君がいよいよ始動。 http://abcnshogiblog.com/blog-entry-594.html?sp 彼は敏腕な上にアイディアマン。 いろいろあった末に、形にしたのは素晴らしい。 相当葛藤があったのを知っているだけに、料金は個人的には破格だと思う。 木曜日、興味がある…

現場とフットワーク

竜王戦第6局は前夜祭と2日目に行く予定だったので、事前に有給休暇を確保していた。 職場の上司や同僚は皆、好意的で「行ってこい~」と後押してくれた。今回は実現しなかったが、本当にいい人達に恵まれてありがたいものだ。さて、次なるタイトル戦は王将戦…

perfume ファンクラブ限定ツアーライブ

昨日は二十四節気の大雪。山形も冷え込みが厳しい毎日が続いている。私の住んでいる所はまだ積雪なし。これからが冬本番といったところ。 寒いのは大の苦手だが、昨年教え子から頂いた手袋のおかげで心身共に暖かい。物理的距離は遠いが、それのおかげで心の…

家庭画報

家庭画報新春号を購入。羽生先生、加藤先生、佐藤天彦先生、中村太地先生、藤井聡太先生の5人が登場。 非常に重厚な内容で読みごたえたっぷり。 さらに良かったのが先生方の写真。 とても素敵で大満足。 そして、今は良い追い風が吹いている事を再確認。 毎…

スタバ研番外編「これからの具体論について」

仕事が終わってから水曜子供教室へ。満席だったので観戦。基本、王将を持つのは上手、年長者。双玉の場合は書体が書いてあるほうが上手、年長者。 対局開始前に確認してほしい。 それと、投了の意思表示は相手にはっきりと伝える事を意識したい。「負けまし…

永世7冠王誕生

稀代のスーパースター、羽生善治先生が渡辺明先生を破り、竜王獲得。 見事に永世7冠王を達成された。 対局後の会見の動画を見ながら、私は9年前を思い出していた。2008年12月18日木曜日。第21期竜王戦第7局2日目。天童市の「滝の湯ホテル」には大勢の将棋フ…

弱気は最大の敵

昼休み。今日は同僚の先輩と外食。 野菜たっぷり味噌ラーメン。仕事を終えてからいつもの足湯へ。 スマホを置いてぼんやり。いろんな事が次から次へと浮かんできた。 昨日の朝日アマ西東北代表決定戦。現場にてT氏の応援。奮闘するも残念ながら敗戦。でも、…

一石を投じる勇気③「完結編」

いろいろ正直に気持ちを綴ってきた。 最後にこのエピソードを書いて完結としたい。「まさかまだ将棋を続けていたとはな」 半ば呆れたような口調で「奴」はこう続けた。 「本当に将棋が好きなんだな」 私には、そこに少しの羨望が入り雑じっているように聞こ…

戸辺誠先生指導対局

今日は戸辺誠先生が来県されて子供達に指導対局。 戸辺先生の対局姿はいつも迫力満点。駒音もビシッと高く、常に全力投球。何度か拝見させて頂いているが、このスタンスは不変。 終了後の挨拶で 「みんな強くなっていて、将棋がしぶとくなった」 とのお褒め…

一石を投じる勇気②

昼休み。毎朝、自分で作るおにぎり(作ってくれる人募集中)←2回目笑 を頬張りながら窓の外に目をやる。はらはらと雪が舞い降りていた。 「今日から12月か…早いなぁ…」 光陰矢のごとしとはまさにこの事だ。昨日のブログからやはり一晩おいたのは正解だった。ど…

一石を投じる勇気①

昼休み。毎朝、自分で作るおにぎり(作ってくれる人募集中)を頬張りながらブログの事を思案。 県職団戦はオフィスレディとパンケーキをネタに書くか…その時、スマホが震えた。 女の子からのLINEかな?と期待して見ると、残念ながらあべしん君からだった笑 た…

悲哀

既報の通り、県職団戦は1勝2敗で予選落ちだった。個人成績も1勝2敗。地区予選からトータルで2勝6敗のトリプルスコア。 あまりにも辛く、あべしん君とY君に申し訳なさすぎて顔向けできなかった。完全な戦犯、この2人と組んでこの成績は痛恨の極み。責任は全て…

大会前日②

今度は熊野大社から一路、天童の子供将棋教室へ。 今日は、「郷土の英雄」にして誇り、阿部健治郎先生の指導があるのだ。 オシャレな黒のスーツに白のワイシャツ。 ノーネクタイで爽やかな対局姿が眩しい。 6面指しを一手、一手、大切な何かを伝えるか如く、…

大会前日①

午前中、所要を済ませてから車を走らせること40分。山形市にあるよしのや食堂さんへ。 塩ラーメン大盛750円。 スープはあっさりして透き通るかのような絶妙なハーモニー。麺はもちもち、食べごたえのあるBIGチャーシュー。 うまい、うますぎる。生きててよか…

宮城山形対抗戦④「ノーマル雁木VS鈴木環那先生」後編

次の一手は▲65銀。この桂馬を外すことによって、77角の王手飛車が生じている。これが私の描いたシナリオだ。だが、指す直前に誤算に気づいた。王手飛車をかけて優勢のはずが、逆にこちらが不利になりそうなのだ。 具体的な読み筋はこうだ。 ▲65銀△同銀▲77角…

宮城山形対抗戦③「ノーマル雁木VS鈴木環那先生」前編

2局目の前に昼食。 勝って食べるご飯の美味しいことよ。 あべしん君のライバルことS君も快勝。 今の将棋の内容や近況を語り合う。 富岡英作先生にツノ銀雁木で敗れて、迎えた3局目。鈴木環那先生に挑戦する事となった。 鈴木先生の5面指しで、持ち時間は60分…

朝起きたら、一面銀世界が広がっていた。 寒すぎて悶絶。それでも、私の住むところは比較的雪が少ないのだが。 一部で「天童のOLブログ」と揶揄されているらしい。美味しいものを食べて、常にどこぞのカフェにいるからかもしれない笑というわけで、今日の美…

宮城山形対抗戦②「BIGBOのビッグ4!?」

振り駒の結果後手番。この大会は持ち時間60分切れ負けというアマチュアでは非常に珍しいルール。 なので、普段何気なく通りすぎてしまう序盤の細部もたっぷり考えられるのだ。それが読みの蓄積、力の蓄積につながると思う。 隣ではあべしん君のライバルこと…

宮城山形対抗戦初日①「再会」

今日は楽しみにしていた宮城山形対抗戦初日。 朝は6時半に起床。仕事の時は全く起きれないのに、将棋の時だけは自然と目が覚める。不思議なものだ。 朝食は軽めに。大会の時は身体の声を聴いて、食べるかどうか判断している。その後、車のタイヤ交換。明日は…

新手筋

今日の山形は、雨が降り続いてとにかく寒かった。 間もなく冬が到来することを実感。 でも、冬は寒さを口実に女の子と手を繋ぎやすくなるのがいいところ。 え?繋ぐ相手がいるのかって? すまん、察してくれ笑仕事が終わってからいきつけのうどん屋へ直行。 …

結婚式

今日は親友の結婚式へ。 小学校からの同級生で、将棋仲間。天下一プレーヤーでもあり「おとそ」で指している。 会場は、数々の名勝負を産み出した名旅館 「滝の湯ホテル」 大好きな場所で、何度訪れても心が安らぐ。開場まで僅かに時間があったので、名物の…