回り道~3度の飯より将棋が好き♪~

将棋のエッセイや戦術、私の日常について綴っています。

23年

23年。あれから23年経った今も、テレビで見た光景が目に焼きついている。

谷川先生が震災から3日後の順位戦に臨まれた事は、だいぶ後になってから知った。神戸から大阪まで車で10時間以上かかったそうだ。

「将棋を指せるのが嬉しい。この一言に尽きた」

将棋世界1995年4月号、谷川浩司王将(当時)の第53期A級順位戦谷川浩司王将-島朗八段〕自戦記「望みをつなぐ勝利」より引用

深くて、ものすごく重みのある言葉だ。

 

それから16年後の2011年3月11日。東日本大震災発生。今も複雑な感情が胸に渦巻いている。

その時に将棋連盟から復興支援扇子が発売された。谷川先生の揮毫は「頑張り過ぎないで下さい」

震災を経験された谷川先生だからこその優しい言葉だと思った。羽生先生の揮毫は「少しずつ前へ進む」

「前進」ではなく「少しずつ」という所に勇気をいただいた気がした。

そして今日、ふと気づいた。もしかしてこの2つの言葉は繋がっているのでは…?

「頑張り過ぎず、少しずつ前に進む」

誰しも、もがきながら懸命に、今を、生きている。

私に出来ることはなんだろうか?

23年。奇しくも私が将棋を始めてからの時間と一致している。あの震災の直前に、私は将棋と出会ったのだ。

今、手元には1通の書類がある。


f:id:tenkaichibigbo:20180117234321j:image

命をつなぐ、将棋をつなぐ。

頑張り過ぎず、少しずつ前に進む。

一歩ずつ、今日はその大切な1ページ。

 

直観3選と「君の名は。」

昨日は友人の飴と鞭と会食。
f:id:tenkaichibigbo:20180103210418j:plain
最近は食事の備忘録ブログで将棋はいずこへ?
しかし、イモ天の混み具合といったら…凄まじくて閉口。人混みは苦手なのです( ̄▽ ̄;)
それから街をふらふら。
ゆったりと流れる時間が実に心地よい。
夕飯は中華を。
f:id:tenkaichibigbo:20180103210928j:plain
滅多に3人で会えないので、本当に楽しい時間だった。

今日は所用を終えてから、ふらりと地元の書店へ。
f:id:tenkaichibigbo:20180103211215j:plain
1番右は縦書きの日記帳。
ブログがあるじゃないかと言われそうだが、「手書き」は一味違う。万年筆をさらさらと走らせると、心が洗われる感じがするのだ。
昔から「書く」事が大好きなので、また日記を今年は書こうかなと。このブログより100倍面白い内容になりそうだ(笑)
左の2冊はあ!面白そう!と感じてそのままレジへ。心の琴線に触れた事と、直観を信じて選んだ。これから読むのがとても楽しみ。
そういえば、今から数年前にK元県名人と偶然書店でばったり会った事があった。
「本読んでる時間てほんてん(本当に)幸せだずね~」と笑顔で話しかけられた事が懐かしい。
書店に行く度に、本との出会いも「縁」だなといつも思う。これだけたくさんある中から手に取る喜び。大袈裟かもしれないが、「奇跡」を感じる。
いつか自分も書籍を出したい。そんな夢を毎日想い描いている。

それにしても…初めて観た「君の名は。」が最高に素晴らしかった。なんと素敵な余韻だろう…今更ながら、映画館で観なかったことを激しく後悔。残念でたまらない。話題作で良い映画とは聞いていたが、まさかこれほどとは…「流行りにはのらない」という生来の天の邪鬼が完全に裏目に出た格好である。ほんっとうに残念…
最高の作品や表現に出会った時の喜びは心が震える。感謝の気持ちで一杯だ。今日は良い夢が見れそうである。幸せ。

2018年始動

明けましておめでとうございます。
今年は飛躍の1年にします!
と、言ってるそばからおみくじは中吉でした( ̄▽ ̄;)
気を取り直して、藤井猛先生の新刊「四間飛車上達法」の熟読からスタート。
f:id:tenkaichibigbo:20180101071023j:plain
親切にして明快、面白さ最高潮。
藤井猛先生の珠玉の言葉に触れると、いつも心が喜んでいるのを感じる。
四間飛車の可能性、まさに無限大。

毎日を丁寧に。
今年もよろしくお願いします。

森下卓先生の言葉

今年の9月。全国アマ女流名人戦会場にて。
「これはこれは、たけださん!ご無沙汰しております」
深々とお辞儀をするのが森下流
2年ぶりの森下卓先生との再会を心待ちにしていたのだ。

森下先生との出会いは私が中学3年生の時。
著作を読んで手紙を書いた事がきっかけだ。
丁重なハガキをいただき、大変驚いた事を昨日のように覚えている。それ以来、手紙を書き続けて応援の気持ちを綴っているのだ。

暫し、談笑。理事として大変お忙しい日々を過ごされているようだ。
「たけださん、ところでですね」
森下先生は徐に切り出された。
「がんばってねと、がんばったねという言葉がありますよね。がんばってねと言われますとね、その場はがんばります!と言いますよね。でも、十分がんばってるよという気持ちになることもあるんですよ」
ここで1拍間を置き、そして、ゆっくり言葉を紡がれた。
「でもですね、例え1勝9敗だとしてもがんばったねと言われますと本当に励みになるんですよ。
たった1文字の違いなんですけど、私は大違いだということに気づきました」
私は深い感銘に打たれた。そしてその余韻はいつまでも続いた。

誰もが生きている以上、すでに十分
「がんばっている」
冴えない日もあるだろう。
全敗する日もあるだろう。
全てを投げ出したくなる時もあるだろう。
逃亡したくなる時もあるだろう。
運命を呪いたくなる時もあるだろう。
死にたくなる時もあるかもしれない。
だが、こうして「生かされている」
そんな自分や大切な人達に、労いの言葉がたまにはあってもいいのではないだろうか?
「がんばったね」「がんばってるね」
見てくれている人、応援してくれている人は必ずいる。誰もが人生の主役、そしてヒーロー。

今年1年本当にありがとうございました。来年も素晴らしい年になりますように。良いお年をお迎えください。
心からの感謝を込めて。

年末

気づいたら大晦日。間もなく年明けを迎えようとしている。あっという間の1年だったなぁ…

一昨日は、久しぶりにかつての将棋仲間とその奥様と再会。いまだに新婚かのような、本当に仲睦まじい夫婦なのだ。彼は中学時代から活躍していて、大学時代は全国学名人戦や、学生王座戦にも出た強豪である。だが、現在は残念ながら将棋からは離れているようだ。
「絶対将棋やった方がいいって!!!」とひたすら伝えて解散。奥様も理解があるようなので、ぜひ復活してほしい。

昨日は友人の鞭と再会。
絶品の鰻重!!気分は加藤一二三先生。♪f:id:tenkaichibigbo:20171231213028j:plain
途中から友人の飴も合流。名物、飴と鞭。
「来年は飛躍の1年にする!!!」
「それ毎年聞いてるわ」
私の話に2人とも呆れてたけどね( ̄▽ ̄;)

大晦日、あべしんブログを堪能。
https://twitter.com/absn11/status/947121306151002112
ふむふむ、若手達の回答は実に面白い。
あべしん君、渾身の超力作。本当にお疲れ様。
さて、次の人は…読んでいて私は「まじで!?」
思わず声が出た。
なんと仕事を辞めて将棋修行のために、東京に行くという。彼は人生をかけている…純粋にものすごい情熱だと思った。それと同時に頭をガツンと殴られたような、そんな衝撃を受けた。

今年も残り僅かだが、その事が頭から離れない。
俺はどう生きたいんだろう…

さて、間もなく待望のPerfume。見終わったらエッセイを1本書こう。

改革元年「訪問型将棋講座」始動

皆さん、こんばんは。
今日はいつもと趣旨を変えて、お話させていただきます。
改めまして、私は武田(たけだ)と申します。
将棋の街「天童」を拠点に将棋のトーナメントアマとして、また普及活動に情熱を注いでいます。

前回までのブログで、普及活動についての考えをいろいろ綴ってきました。
今までは、水曜日と土曜日の天童子供将棋教室の指導をサポートする形でした。
今回、決心して個人的に普及活動をする事にしました。いろいろ悩み考え抜いた結論が、
「訪問型将棋講座」です。
次に具体的な部分について、私の考えと共に紹介します。

「将棋は敷居が高すぎるんだよなぁ」
ある日、親友が何気なく言った言葉がずっと心に引っかかっていました。
それ以外にも他の方からよく聞いたのは、
「難しそう」
「頭良くないとできないと思う」
「覚えたら面白いとは思うんだけどね」
将棋=難しいというイメージをなんとかできないだろうか?常にその思いがありました。
確かに、いざ将棋に興味をもって始めてみようと思っても難しく感じる部分があるかもしれません。
実際、私がそうでした。
特に駒の動かし方がなかなか理解できずに苦労しました。そこで挫折する人がいるかもしれません。
せっかく将棋に興味を持ったのに、それはすごく残念な事です。
そんな時にサポートする人がいれば、随分と違うと思うのです。
人間は言葉の生き物です。
駒の動かし方を覚えた時に、「すごいね!よく覚えたね」と笑顔で褒められたらどうでしょうか?
私だったらとても嬉しいです。
誰かとの比較の先には幸せはありません。
比較ではなく、自分自身の成長に目を向ける。
そこを言葉と共にサポートできたら、と思っています。

将棋は本当に素晴らしいゲームです。
年齢を重ねてからも生涯の友となりえます。更に、年齢や性別、国籍も関係なく楽しめます。
最後には勝敗がつきますが、そこに至るまでの過程は本当に紆余曲折。1局の中でも様々な感情が味わえます。有利になったり、不利になったり。絶体絶命のピンチを起死回生の一手で大逆転する事もあります。さらに、運の要素がほとんどないのでほぼ実力で勝負が決まります。そして対局中は、全て自分で決断しなければなりません。孤独です。そう考えると、人生の縮図のような気がします。
将棋には「棋は対話(きはたいわ)」という言葉があります。対局中はお互い言葉を交わすことはありません。ですが、駒達を通して表現しながら2人だけの濃密な「対話」が繰り広げられているのです。

では、具体的なプランについてお話します。
「訪問型将棋講座」
1番大切にしたいのは「将棋そのものを楽しむこと」です。
私が実際に希望者のご自宅に訪問して行います。
対象は、将棋を覚えてみたい方~1級までとします。有段者の方で、希望の方がいれば相談に応じます。

道具はこちらで準備します。
盤は本榧2寸卓上盤、駒は月山作の彫り埋め駒を使用します。私が長年、大切に育ててきたものです。希望があれば対局時計を使用します。

次に日時です。
平日は夕方まで仕事なので、それ以降となりますが
突発的に残業が発生する事があります。
そこをご理解頂ければ幸いです。
土曜日は、午前中と夕方6時半以降と考えています。90分を一枠とします。

対象地域ですが、平日は東根、天童、寒河江辺りを考えています。土曜日は上記に加えて、山形、村山。それ以外は応相談となります。

最後に料金です。
正直に話します。ここが1番難航しました。
途中でこの構想が頓挫しそうになったのもここに原因があります。最後の最後まで悩みました。
料金は90分一枠で、1000円プラス交通費です。
ですが、ある程度したらこれは変更します。

私の簡単なプロフィールです。
免状四段
朝日アマ山形代表
第1回国際将棋トーナメント団体戦日本代表先鋒
優勝
東日本支部対抗戦団体戦3位
天童子供将棋教室で指導のサポート

興味がある方は、コメント欄にて連絡をお願い致します。非公開に設定しているので、私のみ閲覧できます。

これは現時点での構想なので、随時、変更の可能性があります。
長文読んでいただき、ありがとうございました。
よろしくお願い致します。

新構想前夜

今日の午前中はあべしん君と会談。
f:id:tenkaichibigbo:20171216231104j:plain
明らかに食べ過ぎです( ̄▽ ̄;)
いろいろな話が出たが、2人でため息をついたシーンもたくさんあった…orz
だが、嬉しい出来事も。
「結婚祝いのお礼です」
何やら紙袋を取り出したあべしん君。すると…
f:id:tenkaichibigbo:20171216232049j:plain
なんと、対局時計((((;゜Д゜)))
「個別指導の時に使ってください」と笑顔。
深謝m(__)m

彼と別れ、用事を済ませてから遅めの昼食。
f:id:tenkaichibigbo:20171216232545j:plain
うまいんだなー、これが!
食事後、子供将棋教室に行く前に2月の将棋指導者講習会に申し込み。普及指導員も申請する方向で考えている。
指導が終わってから、遅めの夕食。
f:id:tenkaichibigbo:20171216233413j:plain
山形の蕎麦は本当に絶品!

さて、話は変わりますが新しい試みの構想がほぼまとまりました。早ければ、明日ブログにて公表します。