観る将女性ファンと阿部健治郎先生

「いらっしゃいませ!」

店内に明るい女性の声が響いた。

「お久しぶりです」

その柔和な笑顔は私に向けられている。

「どうもっす、ご無沙汰してます」

挨拶を交わしながら、いつお会いしても元気な人だなぁと

心の中で呟く。

「ところで、あれ読みました!?」

「あれって?」怪訝な顔で聞き返すと、

「あれです!阿部健治郎先生の記事!」

私は即座に合点がいった。あれのことか!地元の朝刊に阿部健治郎先生の記事が大きく掲載されたのだ。

「もちろん読みましたよ」

「やっぱり!」

女性の弾んだ声が返ってきた。

「私、嬉しくって記事切り抜いちゃいました」

本当に嬉しくてたまらないといった表情で、一気に言葉を紡いだ。

「そういえば、それから!」

どうやら私にまだ話したいことがあるらしい。

「今年の人間将棋阿部健治郎先生が来られましたよね」

私に話しつつも、どうやら映像を思い出しているようだ。

目が天井を見上げている。

「私・・・」

女性は大きく息を吸い込んだ。

「健治郎先生の甲冑姿が見れて、本当にとても幸せでした」

「健治郎先生、本当にかっこよかったっすよね」

そう返すと、

「そう!そうなんです!」

と言って、小さく拍手をしながら最高の笑顔になった。

この女性は自分では全然指さないそうだが、NHK杯も録画して見ているらしい。本当に貴重な観る将女性ファンである。

私はほんのりあたたかい気持ちを抱きながら、店を後にした。

 

そういえば・・・車に乗り込んでから私はある光景を思い出していた。

あれは確か、健治郎先生が奨励会に入る前の竜王戦のことである。県大会に参戦した健治郎先生は、優勝候補に名前が挙がっていた。しかし決勝トーナメントで当時、県内でも5指に入る強豪に敗れてしまう。私は感想戦を遠目から眺めていた。感想戦が終わり、一礼して相手が去った。だが、健治郎先生は盤の前から離れずに一人で駒を動かし始めたのである。

「けん・・・」

私は話しかけようとしたが、それ以上言葉が続かなかった。話しかけられないというよりは、話しかけてはいけない雰囲気だったのだ。

誰かと対話している・・・誰と?

私にはそれが将棋の神様との対話だったように思えてならない。それは今でも強烈な光景として目に焼きついている。

 

健治郎先生の所作は美しい。指導対局の際も駒音はほとんど立てない。駒袋にしまう時も、1枚1枚とても大切に駒を慈しんでいるように私には思える。

子供将棋教室に来てくださって、指導対局が終わりいよいよ最後の挨拶。

「私は、将棋は言葉だと思っています」

この言葉を聴いた時、私はなんだか嬉しくなった。

そして、あの光景が蘇ってきた。

やっぱり対話してた相手は・・・

健治郎先生の飛躍を心で願いながら、その言葉をしっかり心に刻んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

第3回スタバ研「ツノ銀雁木VS矢倉」最終回

スタバで研究してたのは最初だけで、後は自宅研になってしまった笑


f:id:tenkaichibigbo:20170807212151j:image

再掲 図は△84香まで

私はここで▲68金右を選択。△69角の筋を嫌ったのだが、1手の価値がまるでなかった。

変えて技巧推奨は▲94桂で、こちらが+270。

全く見えなかった…飛車に働きかけるのが急務だったようだ。

以下△97香成▲同歩に△95桂。

数の攻めが猛烈に厳しい。慌てて、33の銀を取って96に埋めたのだが…
f:id:tenkaichibigbo:20170807212813j:image

全く受けになっておらず、△87桂成で-1444!!一気に敗勢に転落。

以下、バラバラにされて▲87香で飛車を召しとったかに見えるが…


f:id:tenkaichibigbo:20170807213222j:image

ここで▲99角が、玉は下段に落とせの格言通りの強烈な一手。-2200

そして、いよいよ最後の場面。▲91飛車と打った所。ここであなたはどう寄せるだろうか?実戦はノータイムで△82飛車!!!!


f:id:tenkaichibigbo:20170807213918j:image

こだな一瞬で見えるあて強すぎだべ~

→翻訳 こんなの一瞬で見えるなんて強すぎだよ~ 思わず方言でぼやいてしまった。

それくらい素晴らしい才能溢れる1手。自陣飛車の好例だ。

守っては81の香車に紐をつけ、さらに今打ったばかりの91飛車をシャットアウト。攻めては81香と連動して次の△86飛車が猛烈に厳しい。以下、いくばくもなく投了。

 

え?ツノ銀雁木は弱いんじゃないかって?

…完全に私の腕に問題がある( ̄▽ ̄;)

 

しかし、定跡が整備されてない道を歩くのは楽しいものだ。

どんなにソフトが発達しても、

「自分で考える」ことこそが将棋の醍醐味なのだから。それが雁木にはたくさん詰まっていると私は思う。

それにしても、最近は雁木をよく見かけるようになった。生来の天の邪鬼がまたムクムクと騒ぎだしてきた。人と同じ事はやりたくないんだよなぁ。また四間飛車穴熊に戻ろうか。そんな事を考えつつも、今日もまたツノ銀雁木を指すのであった。

 

 

 

第3回スタバ研「ツノ銀雁木VS矢倉③」

再掲 今、△93桂と跳ねた局面。みなさんならどう指すだろうか?
f:id:tenkaichibigbo:20170804215147j:image

あべしん君からリプライがあり、▲95歩!

流石、技巧推奨もこの手で、以下△85桂に▲96香車が「柳に風」の1手。これで後手の後続が難しい。何もしないと、▲86歩がある。格言にもある「桂馬の高跳び歩の餌食」だ。

こちらは、歩を突いて香車をかわしただけである。どちらも小さく地味な動きである。相手に無理やり動かせて、そこにカウンターを合わせるのは理想的な展開だ。

こう指していれば+450でこちらが優勢だった。

しかし、私には攻めの手しか見えておらず▲46銀と力をためた。やはり敵の1番固い所を攻めている感じは否めない。対して△85桂。ここで迷った。直観は▲55銀。他に、▲44歩、▲25桂。そして本譜の▲14歩。

ちなみに技巧推奨は▲44歩で+140。互角である。

本譜は▲14歩△同歩▲13歩と端に嫌みをつけて攻めあいへ。ただ、46銀との関連性から考えると疑問の構想だったようだ。しかし、これでも形勢は互角。

以下△88歩▲同玉△13香▲25桂△97桂成▲同桂△96香▲98歩△84香車


f:id:tenkaichibigbo:20170804221345j:image

両端で激しい攻防が繰り広げられて、いよいよ正念場を迎えた。△84香車と玉頭に二段ロケットを据えられて、一気に自信がなくなった。それに対して向こうの総矢倉のなんと堅固なことよ…気分は、こん棒でラストダンジョンの巨大要塞に挑んでいる気分だった。

そして、次の手が敗着となった。どうやら局面を悲観しすぎたようだ。実際はほぼ互角だったのである。

 

全国大会悲喜こもごも

あべしん君に、「最近忙しくて仕事その他で手一杯」とこぼした所、「現場に行けなくても、ブログで発信するだけでも十分普及とか、意味があると思います」との金言が。流石である。

中学選抜と高校選手権。どちらも非常に思い入れの強い大会だ。

仕事をしながら、県勢の奮闘がとても気になっていた。昔を思い出したので一言。

悲喜こもごもいろいろあったと思われる。

しかし、負けたとしてもこの経験は非常に大きい。負けた原因を自分で分析することで、必ずさらに強くなる。

私の場合はノートにその時の感情等、自分の言葉で整理した。そうすることで、必ず次に繋がると信じていた。

選手の皆様、本当にお疲れ様でした。

でも…やっぱりもっと勝たせてあげたかった…

第3回スタバ研「ツノ銀雁木VS矢倉②」

あっという間に閉店の時間になってしまった。将棋をやっていると、どうしてこんなに時間が経つのが早いのだろう?みなさんもきっと経験があると思う。というわけで帰宅。

スタバ研の気分を味わうために、スタイリッシュ将棋盤を広げる。

さて、Twitterでも呟いたが△55歩に対して▲同銀は考えもつかなかった。考えてみたが、私にはツノ銀雁木優勢とは思えなかったのだが…


f:id:tenkaichibigbo:20170803224412j:image

本譜はおとなしく▲47銀。しかし、これでは確かに不満かもしれない。なぜなら1度出た銀を引かされているからだ。さらに相手の主張が通ったのが癪にさわるではないか。

そこからさらに進んで、△93桂馬と跳ねた局面。


f:id:tenkaichibigbo:20170803225413j:image

スピード感溢れる攻めでなおかつ、的確に弱点を突いている。私が相手の1番固い所を攻めているのとは雲泥の差だ。

そして、ここは大局観が問われる所である。

あなたはどんな構想を立てるだろうか?

ちなみにヒントの技巧推奨の手は、全く考えつかなかった。例えるなら「柳に風」といったところだろうか。次の1手は?

 

第3回スタバ研「ツノ銀雁木VS矢倉①」

最近は多忙である。将棋教室の指導もさっぱりだ。そのうち子供達にも忘れられそうな気配がσ( ̄∇ ̄;)

そんな中、幸運にも仕事が終わってから時間が空いた。

ちょっと疲れたのでスタバにでも寄って行こうか…あ!スタイリッシュ将棋盤と駒持ってきてるじゃん!!

というわけで第3回スタバ研開催中。


f:id:tenkaichibigbo:20170803213605j:image

私のツノ銀雁木VS将棋クエストの超強豪。

今後の展開やいかに。

 

南東北インターハイとエール

南東北インターハイが連日熱戦を展開している。山形県天童市が舞台の陸上競技では、優勝者に王将の置き駒が授与されたりしているようだ。さらに、フィールドの電工掲示板の横にも巨大な王将の置き駒が。

将棋とのコラボは選手にどう映ったのだろうか。これを機に山形を、そして天童と将棋をぜひ好きになってもらえたらと思う。

 YouTube陸上競技の様子を観戦したが、県勢の活躍にとても感動した。地元で実力を発揮するのは本当に素晴らしい。心から拍手、また拍手。

 

一方の将棋は、今月に学生の全国大会が集中している。

「中学選抜」「高校選手権」「倉敷王将戦」「高校竜王戦

そして、山形大学が約半世紀ぶりの扉を開けた富士通杯

 

代表の選手には、実力を存分に発揮してほしいです。そして、一期一会の出会いを大いに楽しんで大切にしてください。仲間や関係者一同、みんなで応援しています。

 

今回、惜しくも代表を逃した選手にも一言。

負けた経験が後になって必ずいきてきます。何がいいか悪いかはだいぶ時間が経たないと分かりません。そしてまたチャンスは必ず、きます。

 

保護者の皆様にも。

いろいろ言いたい事はあると思いますが、見守ってあげてください。きっと、それは力になります。

 

恥ずかしい話だが、私は中学選抜の県予選で敗退して投了と同時に号泣した事がある。優勝候補の一角に挙げられたが、力が及ばなかった。

今となっては良い思い出だ。それと同時にその敗戦があったからこそ、今も個人戦で全国へ!の気持ちが続いている。

 

今この瞬間に全てを。直接現場には行けなくても、応援の気持ちを送ります。

GOODLUCK!